お湯が出なくなったら|安全に暮らす為に給湯器交換は必要なこと|長く快適に過ごすコツ

安全に暮らす為に給湯器交換は必要なこと|長く快適に過ごすコツ

メンズ

お湯が出なくなったら

3つの給湯器

まずは自分でチェック

突然、お湯が出なくなった、温度が調節出来なくなったなど、給湯器のトラブルが発生したら、まず自分で何箇所かチェックしてみましょう。修理、買い替えが必要のない場合があります。案外、簡単なことでトラブルが発生していたりするので、知っておいて損はありません。お湯が出ない原因としては、ガスの元栓が閉まっていた、断水中だった、電源を切っていた、電源プラグが抜けていた、外にある給湯器が埃まみれだった、フィルターがゴミ詰まりしていた、自然災害や動物によるイタズラで接触不良を起こしていた、気温が低くて凍結していた、など幾つか考えられます。電源プラグを再度差し込み不具合が解消される場合や、電源周りや本体、フィルターをこまめに掃除することで、改善することもあります。長年使用していて、寿命が原因で不具合が起きているのであれば、業者を呼ぶことになります。安い買い物ではないので、怪しい業者に引っか掛からない為に、信頼出来る業者を選ぶ必要があります。

修理と買い替えの2択

給湯器メーカーは生産終了後、10年間は部品の保有が義務付けられています。使用年数が10年を超えると、部品がないことを理由に、修理を受けられないことがあります。自分で修理するのは非常に危険です。必ずプロに任せましょう。保証期間内に壊れたのであれば、無償で修理が受けられます。BL認定品の給湯器は2年間の保証がついており、非認定品は1年となっています。BL認定品とは、品質、性能、アフターサービスが優れた住宅部品を意味します。修理費は出張費、技術料、部品代で決まります。故障の原因、箇所数によりますが、万額に達することは容易です。Web見積りを受け付けている業者も多いので参考にしましょう。買い替える場合ですが、ガス会社、給湯器メーカーに頼むことで安心して買い替えが出来ます。高額になるのがデメリットです。給湯器販売メーカーは格安で済みますが、資格がない上、取付け不備が原因で、水漏れ被害などのトラブルが多発しています。何れにせよ、365日連絡がとれる、アフターサービスが充実している業者を選びましょう。複数の見積りを比較し、口コミはそれぞれ給湯器の種類、状態が異なる為、参考程度にすることが大切です。